《 洋明の替りじゃないのだが =華家= 》 の巻

華家 @岡山市北区新屋敷町2-5-3 決して洋明が一杯だったからと言うわけではないのだが 華家も洋明も根っ子は一つ両店のオーナーは かつて岡山駅前のワシントンホテルプラザ11階に有った チャイナテーブルで共に中華鍋を振られていた歴史がある 昼のランチメニュ…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

《 いろいろ食べてるもんだねぃ 》 =巻

皆様方には大変ご心配をお掛けしましたが 何やかにやと背伸びをしても 所詮ワシの日常 こんなものなのであります JR貨物食堂の朝食 看板に背中を押されて ♪出発進行~!!←中川家礼二な感じで 皆様御馴染みの平木製麺所  天かす問題も終…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

《 うなぎ と ならづけ =うなせん= 》 の巻

酒粕に含まれているペプチドが鰻の脂肪をほどよく抑え 鰻に含まれるビタミンやミネラルの吸収を助けるそうな いつの頃からこの付け合せが始まったのかは知らないが 体に良くて旨いとなりゃ先人の知恵に感謝だな うな重 上 賛否はあろうがワシは二度焼きのこの香ばしさが好きだ   恥…
トラックバック:0
コメント:9

続きを読むread more

《 市場食堂 =春夏秋冬= 》 の巻

揚げ処 春夏秋冬 @岡山市南区市場1-1(中央卸売り市場内) 通称ふくふく通り 岡山中央卸売市場へやって来た 別に何と言う当がある訳でもただふらっとやって来た 勿論 昼餉を求めての事ではあるのだが あじ えび ししゃも さわら 揚げ物の量の多さに戸惑いながら…
トラックバック:0
コメント:7

続きを読むread more

《 =そんなにいがらんでもええじゃろう= 》 の巻

人は時としていっぱいいっぱい状態になる そこでその時 どうするか どう出来るかがその人間の力量 一人穴倉の中で吠えるのなら好きにすればよい 好きなだけ吠えてよし それが 席数30席足らずの店とは言えそこで吠えたらイカンでしょ 客にはまる聞こえ 空気が凍る  狭い店から脱皮して夢は叶えたかもしれんが何か大きな…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

《 今日は何の日 =父の日= 》 の巻

世間では娘より孫の方がかわいいとか結構言われるが ワシは二人の娘の方が可愛い もちろん孫も可愛いのだが そんな時 娘からのプレゼントが 父の日のプレゼント 父の日の事なんて忘れるどころか頭の中に全然なかった そしてグラスに添えられた言葉 “せかせかと …
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

《 気に入るといつもこうなる =西口のお気に入り= 》 の巻

「なぁなぁ とうちゃん またあのossyanあっこへ行きよぅるで」 「こら! せがれ 人を指差したらおえんで 特にあいつはおえん!!」 「指がくさるで~っ!!!」 人がなんと言おうと サルの親子に指差されようが 気に入るとこうなる!!! …
トラックバック:0
コメント:10

続きを読むread more

《 経過報告 =雀といっしょ計画= 》 の巻

あれから少々時間も経ったが 着々とミッションは進められている ねぇねぇ おじょうちゃんワシにおはようのチュ~してちょ なぁなぁ お願いじゃから 逃げんでもええじゃない  そうそう うぐぐっ お嬢さん グッドモ~ニングじゃわ ・・・お…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

《 ずっと がま んの子であった =蝦蟇= 》 の巻

なに見てんだよ お好み焼き 蝦蟇  @倉敷市加須山256中村ビル1F お好みソースは控えめだが何やらそこはかとない風味でハフハフいただく なになに? ここのお好み焼をガマンしてたのかって ちっ ちっ ちっ 指ワイパー!!! …
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

《 おかやまの夜は更けて =もりもと= 》 の巻

岡山駅 正面 涼を呼ぶ大噴水? 若いカップルの待ち合わせ場所? 雨が降ったら鬱陶しい晴れりゃら晴れたで兎に角暑い暑い暑い アツイ!! ビアガーデンもオープンしているが 焼けた屋上でビールを飲むほど若くも無い そんな時には ここ!! コヤツをボリボリかじりながらビール&お焼…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

《 気に入るとこうなる =岡山西口某すし店= 》 の巻

気に入ったんだからしょうがない 予約まで入れて伺う この店には兎に角いい空気が流れている 客とお店が馴れ合う感じではなく ある意味真剣勝負 かといってピリピリ感がある訳ではない ご兄弟の醸し出す雰囲気にワシは惚れてしまった そして 今日の逸品はこれ あさりのバター焼き (だったかな?) まず …
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more

《 懐かしさとともに =海華楼= 》 の巻

広東料理 海華楼 @岡山市北区表町1-4-1(岡山シンフォニーホール南側) 久しく食欲が低迷していたが 今日は違った!! 何だかグイグイ行けた 考えてみるとここの日替りランチ ワシが来る日は“酢豚” 率が高い この甘酸っぱさが いいね オコチャマ口…
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more

《 総席数96席 =やよい軒= 》 の巻

この日は午前中も忙しく午後一番で打ち合わせ  高柳付近の “ちゃちゃっと食堂”を横目で見ながら西へ やよい軒 @岡山市北区野殿東町1-55 総席数96席 ここならささっと食べてちゃちゃっと午後一番の打ち合わせに間に合うだろう 早く出来そうなメニューの食券を買って 席に着く よし これで総てはうまく行く  は…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

《 私はそんなに若くない =はやたろう= 》 の巻

今日もうまいスープができたので そうですか そうですか うまいスープができたのですね 麺屋 はやたろう 新福店 @岡山市南区新福2-3-13 お約束の黒い壁にはへたうまな文字で色々と書かれた看板が この日は得意先の若者のリクエストで伺った …
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

《 ゆっくり まったり =JR貨物食堂= 》 の巻

JR貨物食堂 @岡山市北区西島田町2-1 一般客もOKなJR機関区にある食堂 ここに流れる時間はお昼でもまったりと流れている 今日は意表をついてうどんがメイン 随分前の事だが朝うどんに伺ってその願いが叶わなかった 所謂リベンジなのです 白ご飯はごくごく少な…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

《 1977 =らくらくうどん= 》 の巻

この店が開店したのが1977年 昭和52年といえばワシもピッチピチの若者だった ピッチピチの まぁ 今じゃズボンがピッチピチなのだが 手打ちらくらくうどん 浜野店 @岡山市南区浜野2-7-33 この店が出来てから岡山にセルフうどん店がどんどん開店した さて 今日はかなりおとなしいでしょ・・・? なに…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

《 岡山駅西口 =某すし店= 》 の巻

ワシとしては珍しく清酒を常温で ここは岡山西口の某すし店 カウンター席のみ  詰めて座って補助椅子まで出しても座れるのはせいぜい9人ほど 開店と同時にほぼ満席に 殆んどが常連さん 高齢の男性率がかなり高い ここではワシは若手だね ご兄弟の仕事ぶりは美しく一人で伺っても退屈はしない …
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

《 おやじないっかく =一鶴= 》 の巻

先日の天満屋の続き 一鶴 おや その昔TVのCMでよぉく流れていた 「おやじな いっかく!!」 それはそれで納得していたのだが 本当は 「おや!ひな!いっかく!!」 と言われていたらしい 一鶴に電話をして確かめられた方からの情報なので『間違いない』 …
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more

《 気分を変えて =まいどおおきに食堂= 》 の巻

この手の食堂はワシの場合 ザ めしや が多いのだが この日は まいどおおきに岡山大元食堂 @岡山市北区野田1-9-105 このへたうまな看板は このチェーンの社長が書かれているとか ワシは豆ご飯が大好きだ しかし うれしくて何やかにや多目に取り過ぎてしまう …
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more

《 ossyan完全に恋をする =はかたや= 》 の巻

気に入ると通うのが人情 その上ここのおかあさんの気働きが素敵なら そりゃ 絶対通うわな・・・ 博多屋 @岡山市北区野田1-13-18 玉とじ天丼 650円 小針のそうめんとサラダ付 勿論味噌汁も付く 天丼の下にピーマンを仕込むのも親心…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

《 花粉症ではないのだが 》 の巻

どこかで何かを燃やしているのか・・・? 風に吹かれた煙のようなものが いや! ちがう!! 煙じゃない 花粉だ 間違いない!! 樹木の事は余り知らないが 確か 「こうやまき」 ? 幸いにも花粉症は無いが この花粉の量には恐怖を感じた …
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

《 ハイ! 気をつけます 》 の巻

先日アップしたお話 これには後日談がありまして アップした日の夜遅めに携帯が♪ おや?誰かな?? お客様からの電話だ! 何かお困り事でもと電話に出てみると いつも冷静なご主人がやや興奮気味な声で 「ossyanの飩・何処・丼 《どん・どこ・どん》のossyanって ○○さんだったんですネ」 ワシ「げっ!!」 「いつも 読ませて…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more